会社案内

代表メッセージ

ストームハーバー証券株式会社は2010年12月に営業を開始しました。2009年に金融危機の「嵐」が吹き荒れている最中にグローバル大手投資銀行で長らく経験を積んだバンカーが、より「お客様のために」という共通の志をもってニューヨーク、ロンドン、シンガーポール、香港と並び東京で立ち上げた会社です。

我々の使命は、お客様の課題に対し資本市場等を利用した金融機能のソリューションとM&Aも含めた戦略的アドバイスを提供する事にあります。純粋にお客様の成長と価値創造に貢献できるのは、自己勘定や証券引受機能を持たない事でより利害関係無くかつ客観的立場を取れるからです。例えばお客様が資金調達を行う時に、どのような形態での資金調達が望ましいか、国内またグローバルのどの様な機関投資家、金融機関との組合せが望ましいか、どのようなメッセージを市場に発信すべきか、その手続きをどのように行うのか等をグローバルネットワークと経験からアドバイス、執行をしております。

「顧客第一主義とする投資銀行の本来あるべき社会的役割と機能」を真剣に追及しています。経済活動の主役であるお客様に、資本市場という観点から付加価値の高いソリューションを提供し、それが確実に執行され実現させることがストームハーバー証券の役割であり機能です。お客様に真剣に寄り添う事で、結果的にこれまでに無かった新しい投資銀行の形態を目指せると信じています。

ストームハーバー証券にご関心を持って頂き、弊社並びに弊社のパートナーのサイトを御高覧賜りますれば幸甚に存じます。

代表取締役社長 渡邉 佳史

Philosophy企業理念

我々は人的資源と金融技術をもとに、透明性があり利益相反のない事業モデルを通じ、お客様の課題解決に資する金融サービスをご提供します。

国内及びグローバル金融機関とパートナーシップを持ち業務展開することで、我々のお客様に常に高いレベルで知見・情報を提供し、企業価値創造に貢献します。

資本市場を活用すべきお客様が資本市場にアクセスすることをサポートし、持続可能な経済社会の構築することに貢献します。

全てのステークホルダーの物心両面の充実・安定に資する会社を目指します。

StormHarbour's Values

Integrity
誠実
私達は、伝統的金融機関の本来の価値である秘匿性、忠実性及び公正性を業務において推進します。
Trust
信頼
私達は、お客様の期待を実現するために、最善のサービスを提供し、率先して行動しコミットし続けます。
Global Expertise
グローバルな知見
私達は、国内にもグローバルにもパートナーシップを持ち、多様なアセットクラスの専門性を提供できる経験豊富なプロフェッショナル・チームです。

StormHarbour's Value Proposition

Client Focus
私達は、お客様を最優先に考えます。
No Conflicts of Interest
私達は、お客様との利益相反を
徹底的に排除いたします。
Discretion
私達は、お客様が慎重さと秘匿性を
重んじることを理解しており、
秘密保持を第一に考えます。
Global and Regional Reach
私達の国内外における
様々な有力なパートナーシップは、
お客様に地域を越えた価値を
ご提供します。
Product Breadth and Expertise
豊富な経験を持つプロフェッショナル・
チームが多様なお客様のニーズに
応えるべく、差別化された商品を
ご提供します。
Unique Business Model
私たちは、
シェアードビジネスモデルの採用により、
常にトップ水準の能力でお客様のニーズを
エクセキューションいたします。

ビジョン

ストームハーバー証券が目指す投資銀行の姿

「投資銀行サービスの民主化」を目指して

ストームハーバー証券は、投資銀行サービスを必要とするあらゆる規模の日本企業がフルラインナップの投資銀行サービスを受けられる社会の実現を目指しています。また、既存の投資銀行のカバーが行き届いていない日本企業の成長を支援し、本邦資本市場の課題解決に貢献します。

本邦資本市場の課題

東証再編により変更された上場基準を達成しなければならない企業に対し、既存の投資銀行は十分なアドバイス及びサービスを提供しておらず、結果として、ミッド・スモールキャップ企業が成長のための財務・資本戦略を執行できないという課題が顕在化しました。また、ミッド・スモールキャップ企業は時価総額が小さいため、既存の投資銀行によるカバレッジが十分ではありません。

IPO前のレイトステージ企業は技術力・競争力の高さによる成長可能性を十分に活かしきれておらず、機関投資家が不在で、上場後の資本市場への向き合い方へのアドバイスも不足しています。

ストームハーバー証券は、この本邦資本市場が構造的に抱える課題の解決を図り、日本企業の持続的な成長に寄与します。

資本市場における中枢的存在

ストームハーバー証券は、国内大手銀行グループや海外金融機関との多彩なリレーションを持ち、日本企業の成長を支援するという志を共にする金融機関を増やしてまいります。国際金融のハブとして、資金調達を必要とする発行体と投資家を繋ぎ、日本企業の成長に寄与するリスクマネーを提供します。

クロスドメイン・アドバイザリー

「企業参謀・企業軍師」として、あくまで顧客の企業価値向上・経営上の複数の課題の全体最適を目指したアドバイスを追求します。ストームハーバー証券の有するグローバルで豊富な情報、知見および実績を生かし、個々の顧客ニーズに則したテイラー・メイドの金融ソリューションを提供しています。

「投資銀行サービスの民主化」を目指して

ストームハーバー証券は、投資銀行サービスを必要とするあらゆる規模の日本企業がフルラインナップの投資銀行サービスを受けられる社会の実現を目指しています。また、既存の投資銀行のカバーが行き届いていない日本企業の成長を支援し、本邦資本市場の課題解決に貢献します。

本邦資本市場の課題

東証再編により変更された上場基準を達成しなければならない企業に対し、既存の投資銀行は十分なアドバイス及びサービスを提供しておらず、結果として、ミッド・スモールキャップ企業が成長のための財務・資本戦略を執行できないという課題が顕在化しました。また、ミッド・スモールキャップ企業は時価総額が小さいため、既存の投資銀行によるカバレッジが十分ではありません。

IPO前のレイトステージ企業は技術力・競争力の高さによる成長可能性を十分に活かしきれておらず、機関投資家が不在で、上場後の資本市場への向き合い方へのアドバイスも不足しています。

ストームハーバー証券は、この本邦資本市場が構造的に抱える課題の解決を図り、日本企業の持続的な成長に寄与します。

資本市場における中枢的存在

ストームハーバー証券は、国内大手銀行グループや海外金融機関との多彩なリレーションを持ち、日本企業の成長を支援するという志を共にする金融機関を増やしてまいります。国際金融のハブとして、資金調達を必要とする発行体と投資家を繋ぎ、日本企業の成長に寄与するリスクマネーを提供します。

クロスドメイン・アドバイザリー

「企業参謀・企業軍師」として、あくまで顧客の企業価値向上・経営上の複数の課題の全体最適を目指したアドバイスを追求します。ストームハーバー証券の有するグローバルで豊富な情報、知見および実績を生かし、個々の顧客ニーズに則したテイラー・メイドの金融ソリューションを提供しています。

会社概要

ストームハーバー証券株式会社は、開業以来、企業理念にIntegrity(誠実)、Trust(信頼)、Global Expertise(グローバルな知見)を掲げ、真の「お客様本位」という立場で投資銀行業務を追求してまいりました。201912月に株式会社コンコルディア・フィナンシャルグループ並びに株式会社シンプレクス・ファイナンシャル・ホールディングスを株主に新たにお迎えし、国内及びグローバルにおける様々な分野における有力なパートナーと業務展開することで、更に幅広くお客様ニーズにお応えすることができるようになりました。

当社は、お客様の資産運用・資金調達についてはアドバイザー、エージェントであることにフォーカスした証券会社です。自社のバランスシートを使うとお客様との利益相反を起こすことも想定されますが、あくまでもニュートラルな立場で機関投資家をはじめとする資本市場との繫がりと知識を持ちながら、お客様の課題を解決し、支援する金融機関を目指します。また当社に無い機能については、国内外の金融機関と連携して課題の解決の提案、執行を行います。

当社は、事業法人、金融機関、資産管理会社、機関投資家をお客様としてお迎えし、それぞれのお客様を有機的に結び付けながら、投資銀行業務の本文である『お客様の企業価値向上』のために、常にグローバル並びに国内の市場動向をみながら、より優れたアドバイスや高度なサービスを提供いたします。

会社名ストームハーバー証券株式会社
英字表記StormHarbour Japan Ltd.
所在地〒107-6019 東京都港区赤坂1丁目12番32号
 アーク森ビル イーストウィング 19階
TEL03-5114-8841(代表)
FAX03-5114-8141
役員渡邉 佳史(代表取締役社長)
アントニオ・カコリーノ(社外取締役)
山岡 憲治(社外取締役)
井上 斉(社外取締役)
宮川 和也(監査役)
経営委員会メンバー渡邉 佳史(代表取締役社長)
江澤 和信(法人営業部長)
渡瀬 裕司(戦略推進担当MD)
赤間 英一(執行役員)
事業内容第一種金融商品取引業、第二種金融商品取引業
アクセス東京メトロ南北線「六本木一丁目駅」3番出口より徒歩2分
東京メトロ銀座線「溜池山王駅」13番出口より徒歩4分

組織図

沿革

  • ストームハーバー証券株式会社の前身となるNSH証券設立準備株式会社を設立

  • NSH証券株式会社に商号変更

  • 第一種金融商品取引業の登録

    ストームハーバー証券株式会社に商号変更

  • 営業開始

    日本証券業協会に加入

  • あすかDBJパートナーズ(現 株式会社マーキュリアホールディングス)がストームハーバー証券の株式を一部取得

  • 第二種金融商品取引業者の登録

  • 既存株主に加え、国内における新しい株主(注)を迎える
    (注)株式会社コンコルディア・フィナンシャルグループ
    株式会社シンプレクス・ファイナンシャル・ホールディングス

チーム

Yoshifumi WatanabeCEO and Representative Director

TOKYO OFFICE

Antonio CacorinoOutside Director

Eiichi AkamaCorporate Officer
Chief Compliance Officer and Chief Administrative Officer

TOKYO OFFICE

Kazunobu EzawaHead of Client Solutions
Managing Director

TOKYO OFFICE

Shiro NoguchiClient Solutions
Managing Director

TOKYO OFFICE

Tomiyasu FutamuraClient Solutions
Managing Director

TOKYO OFFICE

Takashi YoshikawaSenior Advisor

TOKYO OFFICE

Yuji WataseStrategic Promotions
Managing Director

TOKYO OFFICE

Hiroki ZaruhataClient Solutions
Director

TOKYO OFFICE

Sayaka MiuraFinancial Solutions and Executions
Vice President

TOKYO OFFICE

Takuji YamagishiFinancial Solutions and Executions
Associate

TOKYO OFFICE

Shinya AbeHead of Compliance
Managing Director

TOKYO OFFICE

Keiji UedaHead of Finance
Director

TOKYO OFFICE

Kiyoko TerauchiHead of Operations
Director

TOKYO OFFICE

Chihiro KatsuiHead of General Service
Director

TOKYO OFFICE

Takako NoharaSecretary

TOKYO OFFICE

top